MINORITY RECORDS

ケン・サスガがイラストの技法やライフハック、Apple・Adobe製品などをクリエイティブ向けに紹介していきます。

【超基本編①】すぐできる!絵描き向けPhotoshopはじめてガイド

どうも、ケン・サスガです。
いつもブログを見ていただきありがとうございます!

 

 

Photoshopに興味があっても操作がわからない・・」

 

 

「技法書買って読んでいるけど、基本が載っていなくて困っている・・」

 

 

などお悩みの声があるかと思います。

 

 

そこで、超基本なベースになる部分の操作方法やよく使うツール、
加工方法などを不定期にシリーズで紹介していきます。

 

 

 

目次

 

 

新規作成・ファイルを開く

 

 

新規作成

 

 

純粋にクリップボードを新しく作成する場合は
 

 

「ファイル」
  ↓

「新規作成」

 

と選択します。

 

 

用途別にグループ化されていますので、使いたい用途を選択し
サイズを選択すると指定のサイズで開くことができます。

 

 

f:id:kensasuga2018:20200305190949p:plain

 

 

 

 

ファイルを開く

 

 

写真やCLIP STUDIO PAINTで保存されたPSDファイルなどは
こちらの方法でファイルを開きます。

 

 

「ファイル」
  ↓
「開く」

  ↓

ファイルを選択

 

 

f:id:kensasuga2018:20200305191330p:plain



 

f:id:kensasuga2018:20200305191603p:plain



ファイルを開くことができました。

 

 

画像解像度

 

 

Twitterやpixivなどにアップする際はファイルデータに
制限があるため、画像のサイズを縮小して保存します。

 

「イメージ」
  ↓
「画像解像度」

 

 

f:id:kensasuga2018:20200305192530p:plain

 

 

 

縦横比を固定して、「高さ」を950〜1000pixelあたりの数字を入力します。

 

高さのサイズにあわせて幅のサイズが7:5の比率に
自動的に調整されます。

 

 

f:id:kensasuga2018:20200305192609p:plain

 

 

これによりファイル容量が縮小されました。

Twitterやpixivなどでサイズ容量オーバーにならず
アップロードすることが可能になりました。

 

 

 

画像加工

 

 

破壊編集

 

元の画像データを維持せずに編集をおこなう方法です。


劣化するため、繰り返しによる編集には向いておらず
元のデータを複製して編集する必要があります。

 

ここでは「シアー」機能という変形効果を例に
破壊編集の編集方法を解説していきます。

 

 

はじめに鍵がかかっている元の画像をレイヤーを
クリックしてロックを解除します。

 

 

f:id:kensasuga2018:20200305193434p:plain

 

 

 

新規レイヤーのウィンドウが表示されますので「OK」を選択します。

 

 

f:id:kensasuga2018:20200305193608p:plain

 

 

 

レイヤー名が「背景」から「レイヤー0」と変更され、ロックが解除されました。

 

 

 

f:id:kensasuga2018:20200305193639p:plain

 

 

 

ロックがかかっていた「レイヤー0」を複製します。

 

 

「レイヤー」
   ↓
「レイヤーの複製」

 

 

 

f:id:kensasuga2018:20200305193917p:plain

 

 

「レイヤー0のコピー」が作成されました。

 

 

f:id:kensasuga2018:20200305194059p:plain

 

 

「レイヤー0」を非表示して「レイヤー0のコピー」で作業を行います。

 

 

 

「フィルター」
  ↓
「スマートフィルター用に変換」

 

 

 

 

f:id:kensasuga2018:20200305194304p:plain

 

 

 

続いてフィルター加工を行います。

 

 

「フィルター」
  ↓
「変形」
  ↓
「シアー」

 

 

f:id:kensasuga2018:20200305194515p:plain

 

 

シアーの変形曲線をドラッグすると
変形していきますのでお好みのかたちにしていきます。

 

 

 

 

 

f:id:kensasuga2018:20200305194810p:plain



「端のピクセルを繰り返して埋める」を選択すると
違和感なく変形することができますよ!

 

 

 

「OK」をクリックするとできあがりです!

 

 

f:id:kensasuga2018:20200305195136p:plain



 

スマートフィルターに表示マークがあり、非表示との差分を
比較することができます。作業が非常にやりやすくなりますよ!

 

 

非破壊編集

 

 

名前のとおり、レイヤーを破壊せずに編集を行う方法です。
画像が劣化しないので、作業効率と確認作業が楽になります。

 

非破壊編集の一例として、調整レイヤーの挿入を解説していきます。

 

 

元のレイヤーを選択して、

 

 

「新規調整レイヤー」
  ↓
「色相・彩度」

 

を選択します。

 

 

f:id:kensasuga2018:20200305195511p:plain

 

 

 

また、「色調補正」パネルの下記の赤線で囲んでいる
アイコンを選択すると作成されます。

 

 

 

f:id:kensasuga2018:20200305195852p:plain

 

 

 

 

「属性」パネルより色相・彩度・明度のカラーバーを
イラストの色味を見ながらお好みで動かして調整していきます。

 

 

 

 

f:id:kensasuga2018:20200305200141p:plain

 

 

 

f:id:kensasuga2018:20200305200438p:plain



 

できあがりです!

 

 

新規に調整レイヤーが作成されるので、表示・非表示の管理が
とても楽になり、快適に作業を行うことができます。

 

 

 

ヒストリーパネル

 

 

 

最後に、「過去の作業をやり直しをすぐに再現したい・・」と
お考えでしたら、ヒストリーパネルの活用をオススメします!

 

 

「ウィンドウ」

  ↓

「ヒストリー」

 

 

f:id:kensasuga2018:20200305200713p:plain

 

 

 

記憶しているコマンドを(初期設定で)最大50ヒストリーまで
遡って再現することができます。

 

 

f:id:kensasuga2018:20200305200854p:plain

 

 

 

command+Zでひたすらやり直しを行わずに済み、
ヒストリー差分をカンタンに再現できますので
ガンガン活用してください!

 

 

まとめとして、まず覚えて欲しい操作・技法は

 

 

・新規作成・ファイルを開く
・画像解像度
・破壊編集
・非破壊編集
・ヒストリーパネル

 

 

 

こちらの5つになります。

 

 CLIP STUDIO PAINTで作成したPSDファイルをデスクトップへ共有し、
カンタンな画像加工ができる技法をご紹介いたしました。

 

色調補正を行うだけでも見た目がだいぶ変わってきますので
Photoshopでの加工をオススメします!

 

 

 人気ブログランキングにほんブログ村参加しました。

よろしければお願いします😊

 

 


イラストランキング

 

 

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 イラストブログ デジタルイラストへ
にほんブログ村