MINORITY RECORDS

ケン・サスガがイラストの技法やライフハック、Apple・Adobe製品などをクリエイティブ向けに紹介していきます。

無料ペイントアプリ 「GIMP」を使ってみよう!【Win・Mac両対応】

Macで無料で使えるペイントアプリってないかなぁ・・・

 

 

以前の記事で紹介したいペイントアプリの他に何かないかなぁ・・

 

 

iOS版やiPadOSでは無料で使えるペイントソフトは

たくさんありますが、なかなかデスクトップ版の

無料ペイントアプリを探すのが大変ですよね・・・

 

今回は無料で使えるペイントアプリである「GIMP」をご紹介いたします。

 

無料ペイントアプリですが、有料アプリ並みの機能が使えますので、

記事をご覧いただきまして導入いただけましたらうれしいです😊

 

 

■参考記事

www.minority-records.info

 

 

GIMP アイコン

 

スポンサーリンク

 

 

 

インストール方法

 

 

GIMP公式HPへアクセスします。

 

GIMP公式HP

www.gimp.org

 

「DOWNLOAD」をクリックしてダウンロードページに進めます。

 

 

GIMP 公式ホームページ

 

 

ダウンロードページの赤枠のボタンをクリックして

ダウンロードを開始します。

 

 

GIMP ダウンロードページ

 

自動的に使っているOSのダウンロードボタンが

表示されているので安心ですよ!

(写真はmacOS版です)

 

 

 

アートボード

 

 

GIMP アートボード

 

 

アートボードは写真のようなかたちになります。

基本的なレイアウトはPhotoshopCLIP STUDIO PAINTにやや似ています。

 

一見、アートボードはごちゃ混ぜに見えますが

視界にしっかりと入るレイアウトになっていますので

迷子にならずに済みます。

 

新規ドキュメントの開き方がPhotoshop

CLIP STUDIO PAINTとは名称が違いますので

画面のスクリーンショットで解説します。

 

 

「ファイル」
 ↓
「新しい画像(N)」

 

 

 

GIMP 新規ドキュメントを開く方法

 

 

 

これで新規ドキュメントを開くことができ、

実際に絵を描くことができます。

 

 

 

GIMPのメリット

 

 

無料で使えるアプリとして優秀

 

今ではメディバンペイントの存在で目立たなくなっていますが、

無料で使えるアプリとして現在でも衰えず優秀です。

 

 

 

手ぶれ補正が優秀

 

バイスがペンタイプのアプリでは必須である

手ぶれ補正ですが、効き幅も大きいのが特徴です。

 

特に手ぶれ補正で大きく影響を受けるペンタブレット(板タブ)では

感覚を覚えるためにGIMPは十分に練習台にふさわしく、

ステップアップとして役に立ちます。

 

 

 

Photoshopファイル(psd)を開くことができる

 

 

クリッピングマスクは外れてしまいますが、

レイヤーの階層はそのままで開くことができます。

こちらもうれしい配慮ですね。

 

 

整列ツールがある

 

 

Illustratorで搭載されている整列パネルがペイントソフトに

搭載されている珍しい例で、中央に重ね合わせることも

ワンタッチで行うことができて、とても便利です。

 

スポンサーリンク

 

デメリット

 

ショートカットキーが独特

 

 

PhotoshopCLIP STUDIO PAINTで使用している

ショートカットキーとは違う物になっているため、

覚え直す必要があります。

 

 

 

発行されている技法書が非常に少ない

 

 

シェアの関係か発行されている技法書が極めて少なく、

インプットする際に非常に限定されてしまいます。

 

技法に関するブログ記事もなかなか見かけないため

本格的にイラストを描きたい場合は不便に感じる部分があります。

 

 

CMYKカラーに変換できない

 

印刷された時に表示されるカラー形式「CMYK」のカラー変換ができないため、

GIMPDTP関連では使用できないというデメリットがあります。

 

自分の作品が印刷まで工程が進む場合はGIMPから卒業して

Adobe製品へ移ることになります。

 

 

 

 

役に立った!

 

 

ためになった!

 

 

と感じた方は、はてなスターや「読者になる」のボタンを

押していただけると、今後のブログ活動のモチベーションアップに

つながりますので、よろしければお願いいたします😊

 

 

 

 

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 イラストブログ デジタルイラストへ
にほんブログ村