MINORITY RECORDS

ケン・サスガがイラストの技法やライフハック、Apple・Adobe製品などをクリエイティブ向けに紹介していきます。

【Photoshop】表現力アップ! フィルターギャラリーを活用しよう②

前回は「テクスチャ」カテゴリーのフォルダーを紹介いたしましたが、

けっこう便利な機能だと感じていただけたと思います。

 

今回はアート寄りの描写に適用する「アーティスティック」

カテゴリーのフォルダを紹介いたします。

 

 

 

 

f:id:kensasuga2018:20200411153123p:plain

 

スポンサーリンク

 

目次

 

 

 

 

エッジのポスタリゼーション

 

 

 

f:id:kensasuga2018:20200412162946p:plain

 

 

画像の色数を減らしながら輪郭を黒い線でなぞるように描画します。

 

 

 

カットアウト

 

 

f:id:kensasuga2018:20200412163052p:plain

 

 

色紙を無造作に切り貼りしたような画像になります。

立体感が失われるものの、キャラを引き立たせる背景として効果が得られます。

 

 

 

 

こする

 

 

 

f:id:kensasuga2018:20200412163138p:plain

 

 

 

暗い部分を短い斜線でこするように表現します。

 

明るいところはさらに明るくなりますが、ディティールが失われます。

 

 

 

 

スポンジ

 

 

 

f:id:kensasuga2018:20200412163231p:plain

 

 

 

濡れたスポンジを押し付けたような表現になります。


画像のベースは比較的維持でき、白黒でノイズとして使用すると味わい深くなります。

 

 

 

 

ドライブラシ

 

 

f:id:kensasuga2018:20200412163442p:plain

 

 

 

水彩と油彩の中間的な手法であるドライブラシのような表現になります。

 

また、画像の色もシンプルに仕上がります。

 

 

 

 

ネオン光彩

 

 

f:id:kensasuga2018:20200412163530p:plain

 

 

描画色・背景色を使用してネオン管が発光するような表現になります。

 

使用する色数が極端に少なくなります。

 

 

 

 

パレットナイフ 

 

 

f:id:kensasuga2018:20200412163836p:plain

 

 

パレットナイフでキャンバスに塗るような表現になり、

輪郭もかなり落としてシルエットとして留めています。

モザイクに近い感じ。

 

 

 

フレスコ

 

 

f:id:kensasuga2018:20200412170217p:plain

 

 

丸いタッチを重ねて叩いたような描写に変化します。

全体的に暗めに、影がある色はさらに暗くなります。

 

スポンサーリンク

 

ラップ

 

 

 

f:id:kensasuga2018:20200412170400p:plain

 

 

 

画像をラップ上に敷いたように立体的に仕上がります。


ビニールの凸凹の押し出しの表現がとてもおもしろいですね。

 

 

 

色鉛筆

 

 

 

f:id:kensasuga2018:20200412170450p:plain

 

 

 

斜めに色鉛筆を塗ったような描画になり、

アナログ的に仕上げたい時に使いたいフィルターです。

 

 

 

水彩画

 

 

 

f:id:kensasuga2018:20200412170540p:plain

 

 

水彩画のような描画に変化し、フレスコよりもディティールがシンプルになります。

 

 

 

 

荒いパステル画

 

 

f:id:kensasuga2018:20200412170843p:plain



パステル画のような描画になり、ガザガザに仕上げていきます。

 

ぶれのような表現にもなり、アニメであるような動きのある

静止画を作りたい場合に有効です。

 

 

 

粗描き 

 

 

f:id:kensasuga2018:20200412171254p:plain

 

 

テクスチャを適用し、背景の上ににじみやぼかしがある描写になります。

 

ややフラットになりながら、かつ表面が少しザラザラになり

キャラを引き立つ表現に有効になります。

 

カットアウトとは違う味わいがあっておもしろいですよ。

 

 

 

塗料

 

 

f:id:kensasuga2018:20200412171504p:plain

 

 

輪郭をやや落として、絵画のような描写が適用されます。

 

 

 

粒状フィルム

 

 

 

f:id:kensasuga2018:20200412171545p:plain

 

 

 

均一の粒状パターンが適用されます。


「テクスチャ」の「粒状」とは違い、どちらかといえば

ソフトに粒状パターンが作成されます。

 

 

 

 

「アーティスティック」カテゴリーのフィルターは

空の比率が狭く、自然背景の画像で使用すると

全般的にいい感じに仕上がります。

 

前回の「テクスチャー」カテゴリーと使い分けて

おもしろく効果のあるフィルターを活用いきましょう。

 

 

 

 人気ブログランキングにほんブログ村参加しています。

よろしければお願いします😊

 

 


イラストランキング

 

 

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 イラストブログ デジタルイラストへ
にほんブログ村