MINORITY RECORDS

ケン・サスガがイラストの技法やライフハック、Apple・Adobe製品などをクリエイティブ向けに紹介していきます。

【イラスト・マンガ】自分の持っているスキルをSNSやブログで発信しよう!

イラストやマンガを描いている中で

「何か発信したい!」と思っているけど、

 

「自分は全然スキルがないからしょぼいと思われそう・・・」

 

 

そう悲観されてしまう方も多いかと思います。

 

事実、私もスキルも足りません。

 

まだまだ未熟の身ではありますが、自分が身につけたスキルや情報などを

Twitterやブログで発信しています。

 

今回は「自分の持っているスキルや情報を発信しよう!」という

テーマで私の実例を加えてご紹介いたします。

 

 

f:id:kensasuga2018:20200406214059p:plain

 

 

スポンサーリンク

 

目次

 

 

 

Twitterで発信する

 

 

自分がイラストを描いている時にひと工夫したところや

気をつけているところなどをツイートしてみましょう。

 

f:id:kensasuga2018:20200406213854p:plain

 

 

f:id:kensasuga2018:20200406213919p:plain

 

 

該当のツイートは「Adobe Fresco」がリリースされて

1週間後くらいのもので、まだ描き方もみんな手探りの中だったので

それなりに需要はありました。

 

 

f:id:kensasuga2018:20200406214000p:plain

 

ハッシュタグがあると、もっとツイートを見てくれますので

ペイントソフト関連はハッシュタグを加えましょう。

 

 

 

ブログで発信する

 

 

Twitterの場合はどうしても文字数の制限があったりと

説明が不十分で終わる場合があります。

 

一方、ブログの場合は記事をいつでも見れるだけでなく

自分の資産にもなります。

 

Googleの検索アルゴリズムで有益な情報として

検索上位になることもあるので、

将来Google Adsenseなどで収益をめざしている方は

どんどんブログで発信していきましょう。

 

オススメのブログサービスは個人の好みになりますが

はてなブログ」が記事は書きやすいですね。

 

他にAmebaブログ、seesaaブログ、FC2ブログを使ってきましたが

管理のしやすさではseesaaブログが優位かな、て感じています。

 

 

スポンサーリンク

 

発信するメリット

 

 

①アウトプットによるスキルアップが見込める

 

 

アウトプットすることで自分のスキルを上げる事が

できるだけではなく、実力も見える事ができます。


教える事がけっこう難しく、自分が持っているスキルでないと

自分の言葉で発する事ができないためです。

 

 

 

②発信場所がブログの場合、案件につながる場合がある

 

クラウドソーシングサイトで案件募集の際に

クライアントからポートフォリオや宣伝媒体として

判断してくれ、案件をいただける事例がありました。

 

動画シナリオライターとして案件をいただけた例として

期間中に指定数の文章を書ける目安として

このはてなブログを紹介しました。

 

1記事あたり平均1000文字以上は書いていることを

アピールしたところ、トライアルで案件をいただけました。

 

クライアントによっては「ブログで宣伝してほしい」という

条件付き案件がありまして、イラストレーターとしての

初めての仕事はこれで案件をいただけましたので、

ブログの力はとても大きいと感じました。

 

 

「自分になんてまだまだスキルないよ・・」と謙遜せずに

持っている情報やほんのささいな工夫をツイートしたり

ブログに書いたりすると、人によってはとても有益な情報になります。

 

みんな知ってそうな情報でも、どんどん情報発信して

自分のスキルを上げていきましょう!