MINORITY RECORDS

ケン・サスガがイラストの技法やライフハック、Apple・Adobe製品などをクリエイティブ向けに紹介していきます。

【Mac】絵描き必見!スティッキーズを活用しよう!

Macでひっとりとデフォルトで入っている

「スティッキーズ」というふせんアプリをご存知でしょうか?

 

恥ずかしながらこちらのアプリも以前ブログで取り上げた

Digital Color Meterと同じように最近まで存在を

知らなかったのですが、いざ使ってみると

 

 

 

「なんで使わなかったのだろう!?」

 

 

ちょっとショックを受けるくらい便利なものでした!

 

 

関連記事

www.minority-records.info


本来は簡易的なTo Doリストやメモなどを

書き留める場として使われていますが、

 

 

「絵を描くときにもメチャ使える!」

 

 

ふせんの枠を超えて使えると思い、今回ご紹介いたします!

 

 

 

f:id:kensasuga2018:20200508204949p:plain

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

アプリの格納場所

 

 

「Launchpad」
 ↓
「Other」

 

 

と展開すると、スティッキーズが格納されています。

 

f:id:kensasuga2018:20200508205329p:plain

 

 

 

f:id:kensasuga2018:20200508205346p:plain

 

 

または、

 

 

「Finder」
 ↓
「移動」
 ↓
「アプリケーション」
 

でもスティッキーズを探すことができます。

 

 

 

 

メリット

 

 

 

動作が軽く、ストレスにならない

 

 

「メモ帳」や「テキストエディット」と同様に動作がとても軽く

まず途中で強制終了することがありませんので、気兼ねなく使うことができます。

 

 

 

 

画像が貼ることができる

 

 

テキストを入力するだけでなく、

画像をドラッグすることで貼ることができます。

 

f:id:kensasuga2018:20200508205732p:plain

 

 

f:id:kensasuga2018:20200508205804p:plain

 

こんな感じになります。

 

資料を見ながら作業する際には

かなりのパフォーマンスが良さそうですね。

 

スポンサーリンク

 

ふせんをたたむ事ができて場所を取らない

 

 

タイトルバーをダブルクリックすることで

一気にたたむことができて、場所を取りません。

 

f:id:kensasuga2018:20200508205941p:plain

 

アイディアがいくつもメモする場合などでは

画面が狭く感じて圧迫しますので、非常にオススメです。

 

 

 

 

マークアップ機能があり、詳細に書き込める

 

すでにiOSやiPadOSのメモ帳に実装されていますが、

スティッキーズはかなり早い段階から注釈などの

マークアップ機能が実装されていました。

 

f:id:kensasuga2018:20200508210903p:plain

 

 

 

想像よりも多機能なのでかゆいところに手が届きますよ!

 

 

マークアップ機能につきましては、次項目にて解説していきます。

 

 

 

マークアップ機能

 

 

メニュー内の写真の番号の順に解説していきます。

 

 

f:id:kensasuga2018:20200508210939p:plain

 

 

 

①スケッチ

 

ベクター線を描くことができ、2点を繋げることで

きれいなシェイプに変換することができます。

 

 

②シェイプ

 

 

図形を貼り付けることができます。

 

シェイプの中に丸型のズームシェイプがあり、

Photoshopではできない面白い表現が可能になります。

イラストで使い道がありそう。

 

f:id:kensasuga2018:20200508211259p:plain

③テキスト

 

横文字でテキストを入力することができます。

 

 

④署名

 

 

トラックパッドもしくはiSightカメラにて署名を行います。

⑤シェイプのスタイル

 

線の種類や線幅の変更を行います。

 

 

⑥枠のカラー

 

 

枠の色を変更する際に使います。

 

 

⑦塗りつぶしのカラー

 

 

シェイプの内側の色を変更することができます。

 

 

⑧テキストスタイル

 

 

テキストのフォントやサイズ、色などのパネルが表示され

変更することができます。

 

 

シェイプとテキストでこのような丸型の吹き出しもできますので

簡単に1ページマンガが作れますね😊

 

 

f:id:kensasuga2018:20200508211235p:plain

 

スポンサーリンク

 

さらに見る

 

 

選択すると環境設定が立ち上がり、Apple製品や他社製品の

機能拡張を利用してカスタマイズすることができます。

 

「共有メニュー」ではSNSでアップする際にチェックマークを入れると

共有が可能になります。

 

 

f:id:kensasuga2018:20200508211415p:plain

 

 

 

デメリット

 

 

iCloud Driveに非対応

 

 

「メモ帳」のようにiPhoneiPadで共有できないので

利便性に劣る部分があります。

 

 

 

貼り付けた画像の拡大・縮小ができない

 

 

画像の大きさによっては1画面の収まらないため、

Photoshopなどで画像をリサイズするか

場合によってはプレビューに頼るしか方法がなく、不便になる場合があります。

 

 

f:id:kensasuga2018:20200508212138p:plain

 

このように足が切れてしまい、全身を見ることができなくなります。

 

 

 

資料を眺めながら作業となると「プレビュー」か

「pinterst」を眺めながらの作業になるかと思いますが、

ふせん1枚で管理できるため、とても使いやすいアプリケーションです😊

 

 

 

 


イラストランキング

 

 

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 イラストブログ デジタルイラストへ
にほんブログ村