MINORITY RECORDS

ケン・サスガがイラストの技法やライフハック、Apple・Adobe製品などをクリエイティブ向けに紹介していきます。

Appleイベント「WWDC 2020」発表まとめ【絵描き中心にピックアップ】

日本時間の2020年6月23日午前2時より開催された

Appleの発表会「WWDC 2020」。

 

今回は世界的なご時世なこともあり、オンラインのみの発表会となりました。

 

「さまざまな隠し球があるのでは・・・!」と期待されていましたが

残念ながら今回はお見送りに。

 

・・・ですが、今回のWWDCはラインナップ1つ1つが

隠し球クラスのハイクオリティとなり、Appleユーザーが大絶賛!!

 

今回はガジェット優先にはなりますが、

絵描きには欠かせないシステムも数多く搭載しているため

予習を兼ねて、まとめた記事をみなさまにお伝えしていきます😊

 

 

WWDC 2020

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

iOS14

 

 

iOS14 紹介画面

ウィジェットがホーム画面に追加、カスタマイズが可能

 

 

 

特定の項目だけサイズを大きくすることができ、

模様替えすることによってウィジェットのレイアウトを

新鮮にできる点は欲しかった機能です。

 

また、必要な情報だけを瞬時に得られることが

できるようになってホーム画面がとても効率良く操作できるようになりました。

 

ガジェット通の方は「ウィジェットのカスタマイズ術」がトレンドになりそう。

 

 

 

動画のピクチャーインピクチャーが可能

 

 

iOS14 ピクチャーインピクチャー

 

 

他のアプリを立ち上げながら動画を視聴したり

FaceTimeのビデオ通話ができるようになったりと

マルチタスク機能が大幅強化されました。

 

FaceTimeで全画面にならずに同時作業ができる点も、とても大きいです。

 

 

 

FaceTimeを含む通話が通知バーで受け取ることが可能

 

 

 

iOS14 通話バー



 

通話のたびに画面が切り替わることががなくなったことで

通話に対するストレスが軽減されたのは、個人的にすごく助かっています。

 

私も含め、元々から電話が苦手な方は画面が切り替わる事自体が

ストレスになっていたので(作業が止まるのがネックでした)、

「何か対策があったらいいのになぁ・・」と感じていました。

 

 

 

Siriも同様に横長バーにて展開可能、翻訳機能を大幅強化

 

 

iOS14 Siri

 

Siriが起動すると全画面表示していましたが、

iOS14ではアイコンが大きく表示されるようになってから

横長のバーで展開されるしくみになりました。

 

オフラインで使用可能な翻訳機能も搭載され、

日本語を含む11ヶ国語に対応とのこと。

 

世界的に翻訳が難しいとされる日本語が搭載されているのは

諸外国から見てもうれしい機能です。

 

 

対応機種

 

対応機種は下記の通りになります。

 

iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone Xs
iPhone Xs Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone SE(第2世代)
iPhone SE(第1世代)
iPod touch(第7世代)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

iPadOS 14

 

 

iPadOS14

 

 

基本的にiOS14に準ずるところになりますので

iOS14と共通する部分の追加要素を含めて記載しています。

 

 

「写真」「ミュージック」アプリに「サイドバー」が追加

 

 

iPadOS14 写真アプリ

 

 

従来のフッター(真下)側からサイドバー方式になり、管理がしやすくなりました。

さらにタッチしやすくなり、便利になった点もストレス軽減になります。

 

 

 

Apple Pencilでの手書きがテキストに自動変換

 

 

iPadOS 手書き検索



 

さらにApple Pencilで書いた手書きで検索もできるようになりました。

 

また、線が長押しすると直線・ベクター化する点が加わり、より便利になりました。

 

現在開発中のiPadIllustratorにも搭載される機能なだけに

Adobe側の技術に寄り沿うかたちになります。

 

 

 

 

「メッセージ」アプリの強化

 

iPadOS14 メッセージ

 

重要な会話が流れないように会話のピン留めと

スレッドの展開が可能になりました。

 

個人的にスレッド方式に慣れているため、本当に待ち望んでいました。

いにしえの掲示板群からインターネットをしている方には

馴染みやすいのかな・・・って(年齢がバレそう

 

使う回数が随分減りましたが、LINEやGoogleハングアウトだと

どうしても下に埋もれてしまうんですよね・・・

 

 

 

対応機種

 

対応機種は下記の通りになります。

名機と言われるiPad mini 4が

対応機種に選定されているのが本当に助かります。

 

 

iPad Pro 12.9インチ(第4世代)
iPad Pro 11インチ(第2世代)
iPad Pro 12.9インチ(第3世代)
iPad Pro 11インチ(第1世代)
iPad Pro 12.9インチ(第2世代)
iPad Pro 12.9インチ(第1世代)
iPad Pro 10.5インチ
iPad Pro 9.7インチ
iPad (第7世代)
Pad (第6世代)
Pad (第5世代)
iPad mini(第5世代)
iPad mini 4
iPad Air(第3世代)
iPad Air 2

 

 

スポンサーリンク

 

macOS Big Sur

 

 

macOS Big Sur

 

macOS X以来の大型メジャーアップデートになり、

基本デザインだけではなく、通知音や色調なども一新。

どちらかといえばiPadOS寄りになっています。

 

 

 

コントロールセンターが追加

 

 

macOS コントロールセンター

 

macOSにもコントロールセンターが追加され、

カレンダー、時計、リマインダーなどがまとめて表示され、

明るさとダークモードの調整なども可能になっています。

 

 

 

ウィジェットも一新され、iOS14・iPadOS14共にカスタマイズ可能

 

こちらは上述の「iOS14」にて記載していますが、macOS上でも

ウィジェットのカスタマイズが可能になっています。

 

 

 

Safariの大型アップデート

 

macOS Big Sur Safari

 

macOSiOS・iPadOSのデフォルトブラウザである

Safariが大型アップデート。

 

Google Chromeと比較してページ表示速度が50%アップし、

ストレスのないスピード表示を実現とのことです。


また、Safari内に翻訳機能も搭載されたため、

Google翻訳などをまたぐ必要がなくなった点もアドバンテージになりそうですね。

 

 

 

iOSアプリがmacOSで起動・動作可能に

 

 

どの程度動作できるか確認は出来なかったものの

このアナウンスだけで喜びのユーザーも多く、

正式リリース後の反響が楽しみですね。

 

特に開発者(デベロッパー)側がテストしやすい環境になったことで

さらなるアプリ開発が進むきっかけになりそうです。

 

 

 

対応機種

 

対応機種は下記のとおりになります。

 

MacBook Late 2015以降
MacBook Air Late 2013以降
MacBook Pro  Late 2013以降
Mac mini Late 2014以降
iMac Late 2014以降
iMacPro Late 2017以降
Mac Pro Late 2013以降

スポンサーリンク

 

Apple Silicon(ARM Mac

 

 

Apple独自のオリジナルチップを開発している話は表にちらほら

出てはいたものの、ようやく中身が出てきました。

 

パフォーマンス・省エネ・セキュリティにグラフィックといった

大きな柱を高速で安全に扱えるマシンへ。

 

デモではMicrosoft Excelをはじめ、Autodesk Maya、
Final Cut Pro Xが流れ、ストレスなくスピーディに

動作することをアピールしていました。

 

2020年6月23日段階ですでにMicrosoftAdobe

開発へ着手済みで、これにAutodeskが加わると予想しています。

 

現役もしくはこれから3DCGや動画編集をされたい方や、

1ファイルあたりのコスト削減とクオリティアップに

大きく貢献してクリエイティブ活動を加速させます。

 

現在Intel製のチップを搭載していますが、2022年を目安に

Apple Siliconへ移行していくとのこと。

 

初期費用はだいぶ大きくなるとは思いますが、

十分元が取れそうです。

Apple Silicon搭載のMacをとても楽しみにしています!

 

 

 

 

iOS・iPadOS・macOSのアップデート時期は通例通りでいくと

いずれも今年秋(2020年9月下旬ころ)を予想しています。

 

新型iPhoneiPad、デスクトップ型Macが一斉に発表され、

デフォルトで最新OSが搭載されていると思われます。

 

iPhoneiPadMacを購入を考えている方は

緊急性がないかぎりは一度秋まで待ってみるのも

作戦のひとつですよ!

 

 

 

 

 

役に立った!

 

 

ためになった!

 

 

と感じた方は、はてなスターや「読者になる」のボタンを

押していただけると、今後のブログ活動のモチベーションアップに

つながりますので、よろしければお願いいたします😊

 

 

 

 

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 イラストブログ デジタルイラストへ
にほんブログ村