MINORITY RECORDS

ケン・サスガがイラストの技法やライフハック、Apple・Adobe製品などをクリエイティブ向けに紹介していきます。

アニメ雑誌の設定資料集を集ることをオススメする4つの理由

毎月発行されているアニメ雑誌、みなさんは何か購入されていますか?

 

 

純粋にアニメが好きな方

 

付録目当てで時々買われている方

 

推しの声優さん目当てで買われている方

 

 

など理由はさまざまかと思います。

 

今回はアニメ雑誌にほぼ毎月掲載されている設定資料集を

集めることをオススメする理由を4つご紹介いたします!

 

こちらを知っておくと、アニメ雑誌の見方が変わってきますよ😊

 

 

 

月刊ニュータイプ 2014年9月号

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

プロのアニメーターの線画を見ることができる

 

 

設定資料集は、基本的に線画のみで構成されることが多く

アニメ作品のキャラクターデザインをされている方の線画が公開されています。

 

全身画だけではなく、表情、制服・私服の差分など

基本的なもので構成されて、時々主人公の部屋なども紹介していることも。

 

アニメーターさんは表情を特に大事にされますので

非常に学ぶところばかりで、初心者の方に限らず

中級者以降の方にも大いに役に立ちます。

 

 

 

第1稿・ラフ画など普段出回らない資料が公開されている

 

 

アニメが企画されていちばん最初にデザインされた

第1稿は基本的に非公開の資料で、ムックとして出版される際に

加えたりするものですが、アニメ雑誌によっては公開している作品も。

 

デザイナーがどのようなコンセプトで描かれていたか

メモ書きしているものもあり、キャラクターデザインを学ぶ上で

ぜひ欲しい資料になります。

 

アニメーターさんのラフ画も公開されている場合は

とてもサービスがいいと感じています。

 

 

決定稿までをたどることができ、デザインの修正過程を見ることができる

 

 

作品によりきりな部分もありますが、

貴重な初期デザインから決定稿と呼ばれる

現在のデザインまでの過程を順を追って見ることができ、

プロのデザイナーの努力の結晶が垣間見ることができます。

 

デザインは複数案を考えて、制作状況を考えながら

さらにデザインを詰めていくという作業を覚えていくと

実際にデザインの受注が取れた時に非常に役に立ちます。

 

 

 

ムック誌が発行されないと再入手できない 

 

 

設定資料集が取り上げられた作品は、

雑誌の誌面を製作している段階ではヒット作かどうかは

分からない場合が多く、基本的に誌面を買い逃したら

見ることができなくなります。

 

場合によってはムック誌発行まで企画が進む作品もありますが、

こちらも年に数えるほどのタイトルのみに止まりますので

常に雑誌の購入やアニメ雑誌公式アカウントの情報をチェックする必要があります。

 

 

 

 

設定資料集が公開されているアニメ誌

 

月刊ニュータイプ

 

 

 

 

機動戦士Zガンダム」放映直前に発刊されたアニメ専門誌で、

誌名はご存知、ガンダム用語の「ニュータイプ」から登用されています。

 

ロボットアニメやサンライズ作品アニメに強く、

密度が濃い文章とアニメーターによる

オリジナルの書き下ろしイラストが多いのが特徴。

設定資料集は2色刷りのページに登場していることが多く、

自社(KADOKAWA)がスポンサーのアニメに関しては

比較的多めに公開されています。

 

市民権が得られている中でマニアックな誌面構成です。

 

 

 

 

アニメージュ

 

 

 

発行:徳間書店

 

日本最初のアニメ専門誌で、スタジオジブリのメインスポンサー。

 

現在はジブリ自体がアニメ作品を縮小している上に

なかなか時代に合わなくなりつつあるのか、

雑誌ロゴまで変更するなど大幅にテコ入れを加えています。

 

現在では女性向けアニメに強い印象があり、

さらにプリキュアジョジョなどやや一般向け作品にも強いのが特徴です。

 

 

 

月刊アニメディア

 

 

 

 

発行:学習研究社(学研)

 

定期発行されているアニメ雑誌の中で2番目に歴史のあるアニメ雑誌で、

月刊ニュータイプアニメージュと比べて読者層が比較的若めになっています。

 

そのためか、他2誌では見られなかった「名探偵コナン」に

随分早くから力を入れており、設定資料集もよく取り上げられています。

ジャンプ・サンデー系作品も多いことから、少年誌が好きな方には

ぴったりなアニメ雑誌といえます。

 

また読者投稿ページも多く、現在も投稿が絶えない貴重な雑誌です。

 

 

 

 

アニメスタイル不定期雑誌)

 

 

 

発行:メディアパル

 

年に数冊発行されるムック型アニメ雑誌で、

アニメライターで編集長の小黒祐一郎さんの力量もあって

アニメ雑誌屈指の情報密度を提供しています。

 

主に制作状況のインタビューや放送されたアニメの原画・絵コンテ紹介に加え

設定資料集も惜しげも無く公開されています。

 

2017年に発行された「ユーリ!!! On ICE」が特集された回は

アニメの爆発的な人気もあって、一時は入手困難になるほど。

 

アニメ絵を身に付けたい・極めたい方はぜひチェックしてほしい雑誌です。

 

 

 

 

 

 

 

アニメ雑誌そのものが教本といっていくらい

多くのキャラクターのポーズが掲載されています。

 

 

 

ポーズを練習したい!

 

 

 

プロのアニメーターの絵を学びたい!

 

 


志を強く持たれたら、ぜひ本屋さんへ足を運んでください。

きっと成長できるヒントになりますよ!

 

 

 

  

役に立った!

 

 

ためになった!

 

 

と感じた方は、はてなスターや「読者になる」のボタンを

押していただけると、今後のブログ活動のモチベーションアップに

つながりますので、よろしければお願いいたします😊

 

 

 

 

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 イラストブログ デジタルイラストへ
にほんブログ村