【トレスに最適】ポーズ人形アプリ「Poseit」をオススメする5つの理由

アプリケーション

以前、ブログで紹介したポーズ人形アプリ「イージーポーザー」や
3D Vtuber作成ライブ配信アプリ「カスタムキャスト」を使って
ポージングを決めている方も多いかと思います

■参考記事
https://www.minority-records.info/entry/2020/02/29/232000

 

基本無料でポージングの範囲も大きく素晴らしいアプリですが、
今回はより本格的なポーズ人形アプリ「Poseit」をご紹介いたします!

 

海外製のポーズ人形アプリで言語が英語のみですが、
感覚的に操作できるアプリとなっていますのでご安心ください^^

App Store(iOS、iPadOS)もしくはGoogle Playからインストールを行います。

 

■App Store
https://apps.apple.com/jp/app/poseit/id1567797324

 

■Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.OneManBand.PoseIt&hl=ja&gl=US

 

 



 

リアル寄りのポーズ人形

「イージーポーサー」や「カスタムキャスト」といった
アニメ調なモデリングとは真逆なリアル調のモデリングとなっています。

アート系のイラストはもちろんのことアニメ・マンガ調のイラストにも
応用が効き、使用範囲がとても大きいのが特徴です。

多くの絵描きさんが苦戦されている部分である手や足も
精巧にモデリングされているため、スケッチの練習にも威力を発揮します。

なめらかなインターフェースと細かな稼働範囲

アプリの動作がなめらかでサクサクと動くため、
インターフェースにストレスを感じない点が大きなポイントとなっています。

視覚的に動かしやすいUIに加え稼働範囲が細かに稼働できる為、
思い通りのポーズをつくる事ができます。

稼働範囲が細かい為、微妙な角度をつける事で
顔の表情も豊かになり、腹部と腰部に稼働範囲があるのも嬉しいところ。

 



 

地面の透過による俯瞰(ふかん)アングルも可能

 

地面がスクエア上の透過地面であるため、
俯瞰のアングルがより精度の高いものが出来上がります。

他のポーズ人形アプリではなかなか無かった機能なだけに、
待望された絵描さんも多いかと思います。
私もホントに助かりました・・・!

 

光源のONで影の陰影も怖くない!

 

光源のON・OFFはイージーポーザーにも搭載されていましたが
リアル寄りの「Poseit」では光源もリアル寄りなため、鮮明な陰影を表示させる事ができます。

光源の強さ、光源の向きも調整でき、
シチュエーションに合った陰影を作り上げる事ができます。

 

スポンサーリンク

アンロックで追加オプションが開放

 

広告動画を約10~15秒ほど視聴することで、時限的にオプションが1つ解禁されます。

躍動感あるポージングや手首のポーズ、オブジェが無料で時限的に解禁できますが、
剣や自転車、馬といった武器や乗り物などは課金によるアンロックが必要になります。

課金によるアンロック対象にはマントもありますが
自転車同様、他のポーズ人形アプリでは見られない
貴重なものなので課金によるアンロックはアリです。

 

今回は導入部分としてお伝えいたしました。
次回は、操作画面や機能などを解説していきます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました