MINORITY RECORDS

ケン・サスガがイラストの技法やライフハック、Apple・Adobe製品などをクリエイティブ向けに紹介していきます。

【コスパ最強】ルーズリーフで時短!デジタル下描き時間を短縮しよう!

1年半ほど更新が途絶えてしまいましたが、
自分なりに身につけた技法やインプットした技法、
ライフハック的な記事を中心に定期的にお伝え出来れば、と思い
再開することにいたしました。

 

ブログ復帰の最初の記事は

 

「【コスパ最強】ルーズリーフで時短!

デジタル下描き時間を短縮しよう!」をお伝えします。

 

 

なぜコスパが最強かと言いますと、

①100枚入りで税抜き100円


②近所に売っている身近な定番文具

③1枚単位で管理が出来る

 

こちらの3点が挙げられます。

 

 

ルーズリーフを選んだ理由ですが、
簡単に購入できて、最終的に描いた絵をスキャンすることから選びました。

 

f:id:kensasuga2018:20200215191333j:plain

 

それでは、デジタル下描きの短縮技法について順にお伝えします。

 

 

また、これからお伝えする技法は、
イラストレーターのさいとうなおきさんの
YouTube動画をヒントに自分なりに展開してみました。

 

※参考動画

【カラーラフが大事】ミスやボツを防ぐ描き方講座

www.youtube.com

ここから解説に入ります。

 

まず用意するのがルーズリーフ。

 

ダイソーやセリア、キャンドゥなどにある定番商品で税別100円で購入できます。


冒頭でも書いたとおり、100枚入りで100円というだけあって、
普通に文具としてコスパが高いです。
罫線入りのルーズリーフにお世話になっている方も多いのではないでしょうか。


もちろんイラストを描く上では無地を購入します。

 


続いて、小さな長方形を描いて、その中に超おおまかなレイアウトを描きます。

 

f:id:kensasuga2018:20200215192645j:plain

 

続いて、小さな長方形を描いて、その中に超おおまかなレイアウトを描きます。


ここで無数に描いてアイディア出しを行いますが、
時間をかけすぎず、長くても45分くらいで切り上げます。

小さな長方形の中で描くことによって、レイアウトが集中して
描けるようになり、迷いが無くなります。


記号として描くだけなので、自分だけに分かればOKです。


いくつか描いたレイアウトの中から気に入ったものを2〜3個選び
大きめの長方形の枠に描いていきます。

 

f:id:kensasuga2018:20200215194351j:plain

 

こちらでは割とかたちが分かるように描いていきますが、
丁寧すぎずに描いていくのがベスト。

 

描いたイラストをスマホでスクショを撮影したり、
Dropboxなどのスキャン機能でスキャンして1枚の書類
もしくは写真を準備します。

 

あとはペイントソフトでファイルを開き、ラフ描きとして
1レイヤー表示させたら作業をはじめます。

 

 

・「ファイル」→「開く」→「スキャンしたファイル」


・「スキャンしたファイルを全選択してコピー」→

「作業する新規ドキュメントへペースト」

 

ペーストしたファイルをドキュメントサイズに合わせて
大きさを調整して完成です。



f:id:kensasuga2018:20200215200541p:plain

 

Photoshopは「バウンディングボックスを表示」に
チェックマークを入れると画像の拡大・縮小が可能になります。

 

ここはお好みもありますが、ペーストしたラフ画像に色を付けておくと
線画のクリンナップ作業が捗りますので個人的にオススメですよ!

 

 

Photoshopの場合

 

スキャンしたラフ画像の上に
「色調補正」→「明度・彩度」で色調・明度・彩度の
スライダーでお好みの色に調整します。

 

 

f:id:kensasuga2018:20200215200817p:plain


 

 

CLIP STUDIO PAINTの場合

 

「ウィンドウ」→「レイヤープロパティ」
レイヤーカラーを青色などお好みの色に設定して
スキャンしたラフ画像のレイヤーの右上の■をクリックすると
線画の色が設定したレイヤーカラーに変わります。

 

 (1)レイヤープロパティを表示

f:id:kensasuga2018:20200215201425p:plain

 

 

(2)「レイヤーカラー」からお好みの色を選択

f:id:kensasuga2018:20200215201713p:plain



(3)写真の赤四角部分をクリックして色を変換

 

f:id:kensasuga2018:20200215201744p:plain

 

 

 

アイビスペイントの場合

 

 

スキャンしたラフ画像のレイヤーを選択して
「フィルター」→「色相・明度・彩度」を選択して
スライダーでお好みの色に変えていきます。

 

 

(1)フィルターツールを選択

 

f:id:kensasuga2018:20200215202555p:plain



(2)「色相・明度・彩度」を選択

f:id:kensasuga2018:20200215202656p:plain

 

 

(3)スライダーでお好みの色に調整

 

f:id:kensasuga2018:20200215202912p:plain

 

 

これでデジタル下描きが出来ました!

あとはレイヤーの不透明度を薄くして
新規レイヤーで線画を描いていきましょう!