MINORITY RECORDS

ケン・サスガがイラストの技法やライフハック、Apple・Adobe製品などをクリエイティブ向けに紹介していきます。

【入門編】ハードルが下がる! 超大まかにスケジュールを管理するテクニック

「1ヶ月単位でのスケジュールまでレベルに達していない・・・」


「イラストを1枚描くのに1ヶ月はかかってしまう・・・」




いろいろな悩みがあるかと思いますが、
今回はいきなり噛み砕いて、超大まかなスケジュールの
管理法につきましてご紹介していきます。

前回のスケジュール管理法は1ヶ月もしくは一週間内での
スケジュール管理法でしたが、思いっきりざっくりする方法です。

 

 

前回の記事はこちら

kensasuga2018.hatenablog.com

 



それでは、順を追って説明していきます。

 

 

目次

 

 

 

1. 描きたい題材・シチュエーションを書き出す

 

 

f:id:kensasuga2018:20200227222136p:plain

 

 

好きなキャラクターの誕生日や季節の行事、年賀状などを
思い浮かべていきます。


元ネタのファンやみんなが好きそうで共感を得られやすそうな
題材を選ぶのがいいでしょう。

 

ここでは、

 

・こどもの日
・海水浴
・お盆

 

 

こちらの3つを例に挙げてみました。

 

 

 

2. 締切日を設定する

 

 

 

f:id:kensasuga2018:20200227222316p:plain

 

 

 

それぞれの題材に、SNSにアップする日などの締切日を設定します。

 

 

こどもの日 5/4(月)
海水浴 7/14(水)
お盆 8/9(日)



このようなかたちで設定していきます。

 

 

 

3. 着手日を設定する

 

 

f:id:kensasuga2018:20200227222835p:plain

 

 

最初に締切日を設定しましたら、着手日を設定します。


完成までに1ヶ月に1枚かかる方は、思い切って締め切りの
2ヶ月前を着手日としていきます。


このやり方を選んだり理由といたしましては、



・締め切りに余裕を持つことで、制作時間にゆとりが持てるようになる
・万が一、用事などで創作時間が削られた際のフォローバックになる



大きく2つが挙げられます。



このスケジュール方法は出版業界のスケジュール管理を参考にしたもので、
常に2ヶ月以上前の誌面の制作を常に行っていることから、
発売日から逆算したスケジュール管理を行なっています。

 

 

また、付録に関しては部品や材料などの調達・製造ラインの確保などに
時間がかかるため、半年以上前から企画が行われています。
(こちらのソースはNHK「サラメシ」のちゃお編集部にて)

 

 

4. グラフにして可視化する

 

 

f:id:kensasuga2018:20200227223100p:plain

 

着手日の設定が完了したら、グラフにして可視化していきます。

 

macOSiOSで初期インストールされているNumbersで作成しました

 

 

f:id:kensasuga2018:20200227223359p:plain

 

 

「海水浴とお盆が重なって作業の掛け持ちが出来ないなぁ・・・」と思ったら
片方を取りやめてスケジュールを空けて対処するか
こどもの日のイラストの完成を早めて海水浴のイラストの着手を
前倒しするなど柔軟な対応ができそうですよね。

 


緩くても締切を設定して作業を行うと
制限内に作品を完成する訓練が少しずつなされていき、
蓄積していくことによって制作時間の短縮にも繋がります。

 

同人誌を出される方や外部からの受注があった際に
締切・納期に対応できますので、今のうちにスケジュール管理を行なって
制作時間の管理を行なっていきましょう。

 

 


まとめといたしまして、

 

1. 描きたい題材・シチュエーションを書き出す
2. 締切日を設定する
3. 着手日を設定する
4. グラフにして可視化する

 


となります。

 

 

 にほんブログ村参加しました。

よろしければお願いします😊

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 イラストブログ デジタルイラストへ
にほんブログ村