MINORITY RECORDS

ケン・サスガがイラストの技法やライフハック、Apple・Adobe製品などをクリエイティブ向けに紹介していきます。

Apple Events 2018-10/30 iPad Proまとめ

日本時間の昨夜23時からニューヨークで始まったApple Events。

 

先月のApple Eventsは新型iPhone3モデル、Apple Watch Siries4、iOS12.0と

これはこれで見どころもありましたがiPhoneの価格が高すぎたのがネックでした。

 

…が、これを無かったように今回のApple Eventsは素晴らしかった!!

 

待望のMac miniの新型がリリースした英断は本当に拍手喝采もので、

メモリ6コア積めるわストレージも最大2TBに出来るわでかなりヤバい。

Final Cut Pro Xの速度も前世代Mac miniの3.8倍のパフォーマンスを発揮出来るのも

十分に購買意欲が湧きます。

 

と、余談が長くなりましたが本題の新型iPad Proについてまとめてみました。

既にまとめている大手サイトさんも多いかと思いますが、私なりの解説と

主観を加えてみました。

 

iPad Pro

 

サイズは11インチと12.9インチの2種類で仕上げ色はシルバーかスペースグレイ。

 

ベゼルレス、ホームボタンの廃止、Face IDが縦横に対応。

 

ホームへ戻りたいときは上へスワイプすることで解決する。
タブレット端末の特性を生かしてFace IDが横にも対応したのは
非常にありがたいです。

 

ストレージは64GB、256GB、512GB、1TBの4種。
待望の1TBが実装され、twitterのTLやハッシュタグ上のヘビーユーザーが
歓喜しまくってました。ホント待ってました!!

 

同梱物はUSB-C充電ケーブルと18W USB-C充電アダプタ。
iPadでは初のUSB-C対応になり、一眼レフデジタルカメラとの接続や
USB-C対応のiPhoneに接続することも可能。
Lightningの長所を生かしたUSB-Cケーブルの移行はある意味順当です。
(身内からも言われたけど、よく言われる「AppleのLightning普及失敗」とか
 dis比較されているがそもそも門違いでもあり、言いがかりなので注意が必要)

 

価格は
11インチで最低89,800円(税別)〜
12.9インチは111,800円(税別)〜

と想像以上にリーズナブル価格になっているのはかなり好感的でした。
だんだん価格が上昇傾向だったかつてのApple時代になる流れかと思っていましたが
ここでリーズナブルな価格でアピールしてくるとは意外でしたね。

 

AppleCareを除いた最高価格を積んでみると、

12.9インチ+ストレージ1TB+Wi-Fi +Cellular=211,800円(税別)と
かなりの高額商品になるものの、タブレット端末の寿命の長さと
オーパーツ的な機能性を考えても十分安いんですよね。
Macユーザーやイラストレーターさんのポチった画像がTL上で
ガンガン出ていてホントにビックリしましたww

 

そしてベールを脱いだApple Pencil(第2世代)に対応。

以後は紹介は下記へ。

 

 

Apple Pencil(第2世代)

 

価格は14500円(税抜き)。消費税8%を加えると15600円に。
重量は20.7gと第1世代と変わらないので従来のユーザーは
違和感なく使用出来ると思います。

完全な円柱で無くなった事とダブルタップによるツール切り替えが行える
Touchサーフェスを持っている為、消しゴムツールなどで作業を止めずに
済むのはかなり大きい。

充電は磁石によるiPad Proのフレームによる磁石装着。
画面に充電アイコンが出るので視覚的にもかなり親切になりました。

従来の無接点充電スタンドが使用出来るかは不明ですが、
ベルキンが無接点充電スタンドを発売してくれることを祈るばかり。

 

クリエイターの方は連続で使用する為に3本購入している方も多いので
絵描きの趣味をメインにされている方は、金銭面に余裕があれば2本目を
購入されますと充電で作業が止まることも無くなります。


あと、Apple公式オンラインで購入されるとレーザー刻印の
サービスをしてくれるそうです。
イニシャルを刻印するのもよし、ネタに走るのもよしで
早速シュミレーターで遊んでいる方もいらっしゃいましたw

 


iPadPhotoshop

 

2週間ほど前から発表されていたiPadPhotoshopですが
AppleEventにてAdobeのデザイン担当のバイプレジテントである
ジェイーミー・マイロード氏のプレゼンにて正式発表になりました。


これ、かなりすごい出来事でAppleの発表会では初の快挙なんですよ!!


レイヤー100枚以上重ねたpsdファイルをストレスレスで処理している
ムービーには視聴者に衝撃が走りました!!

デスクトップPCでもかなりの処理がかかるのに…

 

今までは1からデスクトップで仕上げるか、Adobe compでカンプを作成して
同期させるかといった選択肢くらいしかなかったのに対し、
iPad Proで作業が出来るようになるのは待ちに待った大革命です!

 

クリスタ全盛期の中でもPhotoshopでイラストやマンガを描かれる方も
プロアマ問わず多いだけに、場所を選ばないのはかなりの心強さ。
あとは手ブレ補正がクリスタ並みの性能になればホントに文句なしです。

Photoshop2018で実装された手ブレ補正は褒められる出来では無かったので
これさえ解決出来れば…

 

このことにより、aiファイルが扱えるiPadIllustratorが登場すれば
まさに鬼に金棒になります。

クリエイター最強のデバイスになった新型iPad Pro、
11/7(水)から発売になります。